ベッドだけの引越しなら、どこが安いのかって気になりますね。
引越し料金の悩み

 

 

ベットはサイズ自体が大きいので、どの業者も料金は高いのが現状です。

 

 

だからこそ、こんな時には多くの業者で料金を比較して格安な業者を見つけることがとっても重要なんです。

 

早速、ベッドの引越しが一番安い業者を見つけてみる⇒⇒
(引越し価格ガイドは利用者の実績3,500万件以上。日通や佐川からアートまで大手が参加中です。)

 

引越し料金を安くする

 

 

たとえ、同じサイズのベッド、同じ引越し距離を運ぶ場合でも各社の料金が同じになることはあり得ません。

 

 

これは、ベッド単品の引越しが得意であったり、複数の家具をまとめて運ぶ方が得意であったりと業者によって得意分野がマチマチだからなんです。

 

 

たった一つの荷物を運ぶだけも、大きさや輸送距離、指定する時間帯で各社の料金は大きく変動していくものなんです。

 

 

だけど、どこが1番安いか、1社ごとに電話をかけて料金を聞いていくのはとっても大変ですね。

 

 

こういう時こそ、同じ条件を入力するだけで料金を比較できる無料の一括見積もりを使うべきなんです!

 

料金の比較

 

各社に価格競争してもらって、費用を少しでも節約するためにあるサービスなので、こんな時こそ積極的に活用して下さい!

 

 

運送業界の大手が参加中の一括見積サービスだけを掲載!

 

最大で50%OFFの引越し価格ガイドは、最短1分で料金の相場も分かります。

 

全国260社以上の中から、最大で10社までの見積額が分かるので最安値を調べるのにも役立ちます。

 

利用者の実績は3500万件以上、満足度は95.2%と一番人気のある一括見積サービスです。

 

また、無料で10万円キャッシュバックや最新家電が当たるキャンペーン実施中です。

 

引越し価格ガイドを詳しく⇒⇒

 

 

ライフルは大手クロネコヤマトからベッドの単品輸送に強い赤帽が各エリアでは参加中です。

 

お引越しエリアによって対応できる業者が一覧で表示され、見積額を知りたい業者だけを選ぶことも可能です。

 

参加業者は130社ですが、提携の業者から無料ダンボールの配布やライフル限定割引など特典が付いてきます。

 

ライフル引越しを詳しく⇒⇒

 

 

ズバットは、日通や佐川など運送の大手から地元の激安業者まで230社以上が参加中です。

 

ご利用者は現在560万人以上とこちらも人気のあるサービスです。

 

ネットで操作が難しい、面倒な方に向けてフリーダイヤルでのお申し込みも可能となっています。

 

ズバット引越しを詳しく⇒⇒

 

全て無料のサービスで、全国対応もしています。もちろん、各社の料金を調べるだけのご利用も大丈夫です。

 

引越し料金はとことん節約

 

毎月コツコツと節約してても、ベッドの引越し料金を高く支払ってしまうのは本当にもったいないので、ぜひ節約サービスをご活用ください!

 

ベッドの引越しは専門業者に任せるべき!なんで?

ベッドの引越しで多いトラブル

 

ベッドの引越しを専門業者に任せるべき理由は、なんと言っても輸送時のトラブルが多いからです!

 

 

注意トラブル1、運んだは良いが搬入経路が狭く、自力ではマットレスを通せない。

 

マットレスは想像以上に重く、

  • シングルで15s
  • セミダブルで18s
  • ダブルで23s

女性1人で階段を上げるのは無理、男性でも重労働の上、結局、部屋まで通せず処分した人も少なくありません。

 

シングル・セミダブルでも階段の曲がり角は要注意、ダブルベッド以上になればエレベーターにも載らないことがあるので事前確認必須。

 

 

ok引越し業者なら、素人では通せない場所でも斜めにしたり、回転させたりとコツで搬入していきます。
(2階以上の場合は吊り上げ作業にも対応します。)

 

check搬入できない場合は?

 

 

注意トラブル2、マットレスの梱包が不十分、家屋内の養生不備により、傷や汚れが付き、結果クリーニング代や修理費用が必要になった。

 

「マットレスのクリーニング費用」

  • シングル8,000円〜12000円
  • セミダブル10,000円〜15,000円
  • ダブル12,000円〜20,000円

 

ベッドフレームの修理やマットレスの破れやほつれの修復費用は30,000円〜

 

ok引越し業者なら専用資材で梱包し、家屋内も状況に応じて養生、作業内容に不備があれば保険で補償されます。

 

 

注意トラブル3、解体できないベッドを無理やり運び、運搬中に故障した。

 

ikeaやニトリのベッドは、安価なタイプが多く、一旦解体すると組み立てが困難です。
無理やり運んだは良いが、引越し先で組み立て出来ない、または故障するケースも。

 

ok引越し業者でも、運べないタイプもありますが、ほとんどのベッドは専用工具で解体・組み立てが可能です。

 

checkニトリやIKEAのベッドは解体出来ない!よって引越しに不向き!

 

ベッドの搬入経路の確認は必須!なんで?

マットレスのサイズ

 

引越しの際、設置を予定している部屋までベッドを移動させる際には、廊下や階段、部屋を仕切っているドアを通って行かなければなりません。

 

 

ベッドフレームやマットレスよりもそれぞれの幅が狭いという場合には、物理的にベッドの移動を完了させることが不可能です。

 

 

マンションの場合には、

  • 部屋のドアサイズだけではなく、
  • エントランスのドアや
  • エレベーター、
  • 階段

も搬入経路になりますから、これらのサイズの確認も引越し前の必須事項です。

 

 

マットレスのサイズってどれぐらい?

 

ベッドはある程度まで分解して運ぶことが出来ますが、マットレスの場合、分解はおろか折り畳むことも出来ません。

 

事前にマットレスのサイズを認識しておき、搬入経路を通過できるか確認しておきましょう。

 

基本的なマットレスのサイズは以下の通りです。

 

  • シングル 幅97×丈195cm
  • セミダブル 幅120×丈195cm
  • ダブル 幅140×丈195cm
  • クイーン 幅160×丈195cm
  • キング 幅180×丈195cm

 

 

なお、ロングサイズのベッドの場合や、海外製のベッドの場合には、シングルサイズでも幅100cmを超えるタイプもあります。

 

メーカーによって多少の差異が出ることもありますから、事前にマットレスの寸法を測っておきましょう。

 

搬入できない場合の対処は?

 

引越し業者に依頼している場合、その場で必要に応じた追加の解体を行える場合が多く、不測の事態にも的確な対応を望むことが出来ます。

 

専門業者は解体に必要な道具を携帯していることがほとんどですから、速やかにベッドの搬入を実現させることが出来るでしょう。

 

 

 

それでも玄関からの搬入が難しいという場合には、別のルートを使ってベッドを搬入することになります。

 

例えば裏口に回り、部屋の窓から直接ベッドを搬入することも可能です。

 

とっさの機転や力、養生などの技術が求められる作業ですが、こちらも引越し業者に任せていれば問題は起こりません。

 

 

 

戸建て住宅の2階以上、マンションの上層階などに通常の搬入経路からベッドを入れられない場合は、クレーンを使った作業で解決を目指します。

 

特殊な機材を使ってベランダなどにベッドを運び、窓を通じて室内に搬入するという流れです。

 

 

 

ただし、この場合には専用のクレーンを使用しなければならず、別の業者に依頼したり、後日改めて搬入を依頼したりしなければならないことがほとんどです。

 

このような状況を引き起こさないようにするためにも、事前に搬入経路をしっかりと確認し、ベッドを移動させられるか確認しておきましょう。

 

 

引越ししやすいベッドにはどんなタイプがある?

引越ししやすいベッド

 

 

ok引越ししやすいベッドの筆頭として紹介できるのがボトムベッドです。

 

 

これは、マットレスの1/3程度の厚みしかないベッド本体と、それを支える脚が4脚付いたシンプルなベッドになります。

 

部品が少ない分、解体や組み立てにも手間がかかりませんし、フレームも小さく薄いので、搬入経路について心配する必要も無くなります。

 

ok部屋にベッドの本体そのものを置き、その上にマットレスを乗せて使うローベッドも引越しに便利です。

 

ボトムベッドと同じように部品が少ないことがメリットで、解体や組み立てがほとんど必要ありません。

 

ベッドから落下した場合もケガをしにくいので、お子さんの誕生に合わせて引越しする方にもおすすめです。

 

 

ok一般的な感覚のベッドでも、部品を細かく分解できる、すのこベッドなら引越しが簡単です。

 

風通しが良いという点に注目が注がれることが多いタイプのベッドですが、実は引越ししやすいベッドでもあり、転勤族の方からも愛用されることが多いベッドです。

 

 

引越ししやすいベッドの基本は、部品が少ない、あるいは部品を細かく分解して持ち運べるベッドです。反対に、組み立ての工程で接着剤を用いていたり、一つ一つのパーツが大きく分解できないベッドは、引越しには向いていません。

ニトリやIKEAのベッドは解体出来ない!よって引越しに不向き!

 

ニトリやIKEAで販売されているベッドは、低価格であるが故に簡易的な作りになっていることが多く、事後に修正が出来ない木のネジを使っていたり、接着剤を使って組み立てたりしているケースばかりです。

 

 

そのため、一度解体した後に、もう一度組み立て直すことが構造上どうしても難しく、引越しには向かないという欠点があります。

 

また、ニトリやIKEAのベッドは購入後に自分自身で組み立てるシステムであることから、組み立てが不十分な状態のまま使用しているということも意外に多いという点も特徴的です。

 

 

ベッドが脆い状態では、持ち上げて移動している間や、トラックでの搬送中に壊れてしまうことも珍しくありません。

 

 

こういった事情を抱えていることから、ニトリやIKEAのベッドは引越し業者が運搬を拒否したり、補償の対象外としたりすることも多くなっています。

 

 

 

引越し当日になってこのような事態になると大問題ですから、これらのメーカー製ベッドや解体が困難なベッドの引越しを希望するのであれば、見積りの段階で業者に申告し、対応について協議しておきましょう。

 

 

TOPへ