引越しでやるべき手続きの簡単なまとめ。

引越しというのは業者に依頼して荷物を新居に移せばそれで完了といったモノではありません。

 

引越しの際には非常に様々な手続きが必要となるのです。

 

その手続きを怠ると後々いろいろ面倒なことが出てくるので、必ず行う必用がある手続きを紹介します。

 

uketuke

まずは役所関係で今まで住んでいた所で転出届けを出し、その後引越しをしてから新しい所で転入届を提出しなくてはなりません。

 

同市区町村内の引越しでは、新居先の役所で転居届を1度出すだけでOKです。

 

あとこれは絶対ではありませんが郵便局の転送届けを出しておくと1年間は前の所に届いた手紙を新しい住所に届けてくれます。

 

それからガス、水道、電気といった公共料金の使用終了と開始手続き、他にも携帯やプロバイダーの類もまとめて行ってしまいましょう。

 

水道と電気は、電話だけで完了しますが、ガスの元栓を新居先で開く際は、当日立ち合いが必要になります。

携帯やプロバイダーも電話で住所変更の連絡を入れれば完了です。

 

 

あと忘れてはいけないのが管理会社や不動産業者への連絡です。

 

これが遅れると1ヶ月分多めに家賃を支払う羽目になりますのでご注意下さい。

 

あとは免許書の住所変更を行っておかないと新しい住所を証明できる身分証明書がなくなってしまうのでこれは特に重要です。

 

その他さほど急ぎではありませんが印鑑証明や銀行、クレジットカード会社に連絡をして住所変更の手続きをしておきましょう。

 

またよく利用しているネットショップなどがあれば届け先を変更しておかないと前の住所に届くことになってしまいます。

Back to Top